• いごこちをつくる

こんにちは。

木々の緑があざやかな季節です。

 

お部屋の中にも緑があるとそれだけで目を惹くポイントになりますね。

みずみずしさや柔らかさ、やさしさ、自然にしか出せない色など、植物を置くことでもたらされるものはたくさんあります。

生きているものならではのエネルギーも感じさせてくれます。

 

そんな感覚をまとめて「癒される」というのでしょうか^^

 

 

ただ、インテリアのためにと観葉植物を買ってきては枯らしてしまうという人も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

私もその一人でした。

 

そんな方に、今日は気軽にできるグリーンの取り入れ方をご紹介したいと思います。

こちら。庭に植えている樹(ムラサキシキブ)の枝です。

余分な枝を剪定したものをガラス製の花瓶に挿してみました。

 

つづいてこちら。

同じく庭からハサミで摘んできたものです。

(ドウダンツツジ)

和風のタンブラーに挿してみました。

緑の葉に対して枝が赤いのが可愛らしいなと思います^^

外で見るより近い距離で目に入ってくるからこそ気づく魅力もありますね。

 

こちらもガラス製の花瓶に。

(マホニアコンフューサ。よく庭先で見かける低木です)

なんだか涼しげで気に入っています。

 

他にはこちらも。

これは屋外のプランターに植えているハーブと、種が飛んで自然に発芽していたシマトネリコの苗を組み合わせて。

 

お花の時期にはこんな風に楽しみました。(ヒメウツギ)

 

 

いかがでしょうか?

 

水に挿すことが合っているものとそうでないものとはあると思いますが、水を変えるだけで難しい管理も必要なく、元々が余分な枝を剪定したものなので、しおれてしまったとしても、買ってきた観葉植物を枯らしてしまった時のような落胆もありません^▽^;

 

お部屋にグリーンがある方が気持ちいいなという感覚になれば、水を変えるお世話は苦にならなくなってきますし、次は何を摘んできて挿してみようかな?と考えるのも楽しいものです。

 

土に植えた植物はまとめて屋外で管理して、部屋の中では花瓶で楽しむ。

 

手軽でおすすめです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です