• いごこちをつくる

前回の続き

 

 

・階段下収納

こちら、階段下を利用した子ども用品の収納スペース。

 

1階に子どもの衣類をしまえるスペースがあると、自分で出し入れもしやすいでしょうね。

 

また、何かと場所をとる子どもの用具類(鍵盤ハーモニカ、絵の具セット、習字セットなど)

や、習い事グッズ、長い休みに持ち帰るお道具箱などの置き場にも重宝しそうです。

 

小学生の間はリビング学習というご家庭でも、こういったスペースがあれば

リビングが煩雑になるのを防げそうですね。

 

 

・クローゼット

 

続いて、私が特に重要と考えるクローゼットです。

こちらのモデルハウスが特にクローゼットに力を注がれていました。

同じ面積のスペースでも、バーの取り付け方で収納量や使い勝手がこんなに違う!ということを

一目でわかるように並べていらっしゃいました。

 

上の写真がよくある、棚が一枚、そのしたにバーが設置されているクローゼット。

下の空いた空間にプラスチック製のケースを置くのが定番ですね。

しかし、これでは奥行きも高さも無駄が多くなってしまいます。

 

奥行きのあるひきだしケースを買って、出しにくい奥の方の洋服はほとんど目にしない。

記憶から消し去られる・・・というのはよくあることではないでしょうか。

(私がそうでした^^;)

 

 

そしてこちら。

バーを2段にし、側面の壁も使うことで、空間を有効利用できています。

奥の壁面にもオフシーズンの服や、滅多に出番のない服を掛けられるようになっていますね。

 

上の写真のクローゼットと全く同じ量の洋服が収納されていますが、まだゆとりがありますね。

畳む収納より掛ける収納がメインになっています。

持っている洋服が一目で把握できるので、ひきだしの奥で眠らせてしまいがちな私のような人にもってこいですね^^

 

ここに使われていたのが、

縦長の穴が空いた「スリット」や「棚柱」と呼ばれるスチール製の部材です。

そこに「ブラケット」と呼ばれるアームを引っ掛けて使用します。

もちろん好きな穴に引っかけられるので、バーや棚の高さを自由に変えられます。

 

このスリット、以前私がアパレル店の設計をしていた時におなじみだった、

元々は店舗で頻繁に使われていた部材です。

最近は住宅でも取り入れられていますね。

 

クローゼットでも、使う人によって、季節によって、またその人のステージによっても、

しまう服のバリエーションは異なってきます。

長年使用するのですから、フレキシブルに対応できることもとても大切ですね^^

 

 

スリットは下地のある壁面であればビス止めして使うことができます。

ブラケットは長さや種類が豊富にありますので、男性用、女性用、子ども用と

使う人にあったクローゼット作りが可能です。

 

自宅の私のクローゼットにもスリットを設置してみたくなりました!

DIYで設置しているところをレポートしますね。

ご期待ください^^

 

 

以上、クローゼット編でした♪

ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です